Skip to main content

家族が安心で幸せな住宅は、「地盤も安心」であることが必要です。

株式会社 トーセ・フィールドサービス
ホーム
お知らせ
地盤補償システムとは?
メリット
システム概要
システムの流れ
補償概要
補償期間
造成地の補償
地盤調査会社様へ
住宅事業者様へ
web申込
会社概要
お問い合わせ
個人情報保護
English
構造物劣化調査診断事業部
メンバーのログイン
●補償期間
<住居専用戸建住宅(併用含む)>
 地盤調査、改良工事完了の日から始まり【約定日】建築工事の完了の日(検査済証交付日)「以下、【約定日】という」から起算して11年を経過した日に終わります。
<分譲住宅>
 各々の住戸が引き渡された日に始まり、【約定日】から起算して11年を経過した日に終わります。
(※隣りあわせの各住戸の引渡日によって補修責任の終了時が異なることになります。)
(注意)第三者(業者間取引や個人を含む)に引き渡す予定の分譲住宅については、地盤調査、改良工事完了の日から始まり、各々の住戸の引渡日(保証書発行依頼書による)【補償終期日記載10年保証書】または【約定日】から起算して11年を経過した日に終わります。ただし、確認済証の交付日から2年以内に引き渡されたものに限ります。
<共同住宅、賃貸住宅>
 住戸毎に区分所有に関わらず、「対象建物の地盤調査、改良工事完了の日に始まり、【約定日】から1年以内に引き渡されたものに限る」とします。(引き渡し時期については事前申請があったものを除く。)ただし補償期間は「保証書発行依頼書記載の引渡日から10年を経過した日(期日記載日)まで」とします。
【特認契約】~建設工事完了の日から2年を超えた住居専用戸建住宅(併用を含む)、分譲住宅の補償~
 建築工事の完了の日から2年を超える住居専用戸建住宅(併用を含む)、分譲住宅に補償を付ける場合は、補償責任期間内に住宅事業者の費用負担にて規定の調査を行った後、当社基準をクリアした物件については、補償可能です。この場合、住宅購入者様に10年補償を付けるには、補償料の10年割×期間の追加費用が発生致します。保証書の発行は、特に指定を頂かない限り『地盤調査完了の日(補強工事なしの場合)』または『施工審査完了の日(補強工事ありの場合)』をベースに発行致します。(保証書の所在地は建物所在地を記載致します。)
<造成地まるごと保証>(当社のみ)
 住宅地の造成工事の着工日から始まり、造成地を引き渡した日から12年が経過する日までとします。(追加費用にて延長可)
<補償期間の延長>
 補償延長申込は、補償期間経過日より2ヶ月前の前日までとします(30年まで延長可能)。
 住宅事業者様の費用負担にて、指定地盤業者による規定の調査を行った後、当社基準をクリアした物件とします。

●被保険者
 ① 土地造成業者
 ② 地盤調査業務の発注者、建設業者、住宅販売業者
 ③ 地盤調査会社
 ④ 地盤補強工事会社
 ⑤ (株)トーセ・フィールドサービス