Skip to main content

家族が安心で幸せな住宅は、「地盤も安心」であることが必要です。

株式会社 トーセ・フィールドサービス
ホーム
お知らせ
地盤補償システムとは?
メリット
システム概要
システムの流れ
補償概要
補償期間
造成地の補償
地盤調査会社様へ
住宅事業者様へ
web申込
会社概要
お問い合わせ
個人情報保護
English
構造物劣化調査診断事業部
メンバーのログイン

 住宅地盤保証システムの概要  ※建築中、造成中の地震保険・建築、土木工事保険・火災保険も取り扱っております。


万が一、家が傾いた場合、水平に戻す必要があります。土台から家を持ち上げておいて基礎をやり直したり、杭を打ちそれを支えにしてジャッキアップするなどの方法が採られ、場合によって500万~1,000万円の費用がかかることがあります。また、修復が不能で、建替しなければならないこともあります。
これらは、建物の全てが地盤にのっているからで、建物をそのままにして基礎や地盤を手直しすることが難しいからです。

3億円を上限に、100%の保証 → 補償の概要のページへ 

わずかな費用で住まいを守る、

住宅地盤保証システム


近年、品確法により、新築で建設された住宅には、引渡日から10年間保証することが義務づけられています。
「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に基づく保険として、すべての新築住宅を対象として住宅事業者等(建設業者・宅建業者等)が、国土交通省の指定する保険法人との間で保険契約を締結するものです。新築住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が、住宅取得者に対して、10年間の瑕疵担保責任(補修する義務)を負担することによって被る損害に対して住宅事業者に保険金が支払われます。しかしながら住宅瑕疵担保責任保険では、地盤に係る事故は免責となっております。このため、住宅事業者等が事故修理費用等を支払わなくてはなりません。それらのリスクを回避する為の補償が(株)トーセ・フィールドサービスの住宅地盤保証システムです。



安心の補償制度


建物の構造をどんなに頑丈に作っても、肝心のそれらを支える地盤に問題が起こっては意味がありません。地盤のプロフェッショナルである当社の指定業者は、地盤調査を行い、調査結果に合わせた最適な対策を行っています。さらに、当社指定業者で調査・対策を行った地盤(注1)については、建物+地盤で万が一、地盤の不同沈下により建物が傾くなど各種被害に対し、最大3億円までの復旧費用を補償しています。(詳細は補償概要をご覧ください。)
(注1)地盤調査の解析結果、地盤補強工事が必要と判定された場合は補強工事を行ってからの補償となります。

住宅地盤保証システムの重要事項説明と手引き

 住宅保証システムとは・・・地盤調査+地盤補償による、住宅崩壊など各種被害に対応した、

建設会社様・施主様両方に安心な暮らしをお届けするシステムです。